適切な治療で平穏な毎日を

男性

初診の医療費は高め

原因不明の体の不調やストレスによるだるさを感じたら、精神科や心療内科へ行き適切な治療を受けることが大切です。ほとんどの病院が予約制による診察を行っているため、まずは近くの病院へ連絡して症状を伝えた上で診察の予約を行ってください。心療内科等での初診は、医療費が高くなると言っても過言ではないため、事前に医療費を訪ねてから受診すると安心です。初診では、チェックシートを用いて何項目にも及ぶ質問に答えたり、一時間近くのカウンセリングを行ってうつ病などの診断を行います。うつ病の中にもたくさんの種類があるため、医師は様々な項目から総合的に判断してどの種類の病気であるかを診断します。また、精神疾患の中にはアルコールなどの依存症の可能性も含まれるため、血液や尿検査を行うケースもあります。このように、うつ病などの精神疾患の診断では、十分なカウンセリングと検査等が含まれるため、初診料が五千円から一万円近くになることもあるので注意が必要です。しかし、二回目の診察からは二千円から五千円程度の医療費で済み、薬代も保険が適応されるので安心して治療に臨むことができます。「精神科や心療内科には行き辛い」という人はたくさんいて、周囲の理解が得られないこともしばしばあります。しかし、うつ病の診断通知を提出して休職する公務員や会社員も増えてきており、病気の理解が広まりつつあることも事実です。原因不明の体調不良やだるさを感じたら、適切な診断を受けて適度に休息を取り、医師の元で治療に励むことが大切です。うつ病を疑っていても、なかなか病院に行き辛い人は、まずは自分自身で診断できる自己診断チェックシートで判断することも効果的です。ネット上のチェックシートでは、「眠れなかったり食事が摂れない状態が長期間続いていますか」などの質問に答えることで簡単にうつ病が診断できます。その結果を持って近くの病院を受診すると、診察の予約がしやすかったり治療がスムーズに進むので大変便利です。また、うつ病の治療では、カウンセリングの他に抗うつ薬や精神安定剤を用いて心を落ち着かせ、平穏に日常生活を送れるようにします。症状によっては薬を飲みながら学校や職場に通うことも可能で、病気と上手く付き合いながら普段と同じように生活することもできます。

Copyright© 2018 医師の診断でうつ病の種類を特定【処方される薬なども異なる】 All Rights Reserved.