正しい知識と準備が大切

悩む成人女性

まずは不調に気付くこと

うつ病は一般的に、気分が落ち込み無気力になるというイメージを持たれがちですが、他にも様々な症状を呈することがあります。もちろんネガティブな気持ちになることも多いですが、中には気持ちの高揚と落ち込みがちょっとしたきっかけで交互に現れたり、イライラや怒りっぽさが強くなったりすることもあり、どのような症状が現れるかは個人差が強い疾病です。いずれにしても、自分で感情がコントロールできなくなり、精神的に疲弊してしまうのが特徴です。また、うつ病は身体に症状が現れることもよくあります。頭痛や腹痛といった誰でも経験のある症状から、冷や汗や貧血、過呼吸といった精神的な不安をさらに助長するような症状まで様々です。特に軽度の症状だと、ストレスや疲労、睡眠不足などが原因と勘違いされ、市販薬やサプリメントで軽く対処されてしまうことも少なくありません。うつ病を正しく診断し治療するには、まずは本人が心身の不調に気付き、軽視せず、うつ病の診断や治療に実績のある病院を探すことが大切です。うつ病を治療するには、まず適切な診断を受けることが大切です。市販薬や休養だけではなかなか改善しない、あるいはうつ病が疑わしいと自分で何となく気付いたら、心療内科を受診するのがお勧めです。心療内科は精神的な問題を解決するのに長けているだけでなく、同時に現れる身体的な症状を内科的に治療することもできます。どの病院が良いか悩む場合は、ホームページを確認したり口コミを見たりして参考にするのが良いです。病院では、うつ病の診断を受けて治療を始める際、カウンセリングが行われることが多いです。内服薬だけでなく、話す、考えるといった心の面からアプローチする治療も重要なためです。基本的には聞かれることに答えていき、分からないことは分からないと素直に答えるだけで構いませんが、自分が今抱えている問題やストレスの原因になっていそうなことは何か、事前に整理しておくと良いです。家族、友人、職場などの人間関係や仕事のストレス、金銭問題などがよくある原因として挙げられますが、それらを今だけでなく過去の後悔や将来の不安に渡るまで想像しておくと問題解決の糸口が見つかりやすくなります。

Copyright© 2018 医師の診断でうつ病の種類を特定【処方される薬なども異なる】 All Rights Reserved.