励ましは逆効果

看護師

周りの協力が大事

一昔前なら、うつ病というと気持ちの弱い人がかかる病気という認識が強かったですが、メンタルヘルスの重要性への関心が高まる今日ではそういう偏見も少なくなっています。とはいえ、同僚や家族など自分の身近な人間がかからなければ、実際にはこの病気との正しいかかわり方を分かっていない場合も多いのではないでしょうか。うつ病は誰しもがかかる可能性のある決して特別な病気ではありませんが、まじめで責任感の強い性格の人はリスクが高いと言われています。そのような人は自分が辛くても無理して悪化させてしまう事が多く、うまくいかないことを自分のせいにして自分を責めてしまいがちです。そんな中で、身近な人間が気を付けなければいけない事は、少しでも早く受診して診断を受け、適切な治療を始めたり休養をとれるようにすることです。うつ病であるという診断を受けることで本人も自覚して治療に向き合うことにもつながります。また、気分の落ち込みを何とかしたいという考えから、むやみに励ましたり、無理して外に連れだそうとすることも逆効果になるので気を付けたい点です。いくらうつ病が特別な病気ではないと認識していたとしても、精神科を受診することに抵抗を感じてしまうというのはごく普通の感情と言えます。その上、うつ病によってマイナスで悲観的な思考が強くなっている状態であれば、正しい診断を受けるためには周囲の人間の適切なサポートが不可欠となります。内臓疾患のように血液検査などで判定できる病気ではありませんから、医師からの質問に的確にこたえることが出来るようにする必要があります。そのため、事前に気になる症状をメモして持って行ったり、インターネット上にあるセルフチェックなどに記入したものを持参するのも一つの方法です。自分でうまく説明できない部分は家族が同伴して代わりに説明するのも良いですし、客観的に見た様子を伝えることも診断の助けになるでしょう。うつ病の治療は基本的には薬物療法が主流になるので、診断を受けたら症状に合わせた抗うつ剤などが処方されることになります。このような薬に抵抗を感じて服薬しない患者さんも少なくないので、服薬の管理まで家族がしっかりとサポートする事が大切です。

Copyright© 2018 医師の診断でうつ病の種類を特定【処方される薬なども異なる】 All Rights Reserved.